胃がん経験者 胃が1/3しかありません

アクセスカウンタ

zoom RSS 再び胃カメラ

<<   作成日時 : 2007/01/29 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2日後胃カメラを受けに病院へ。

前と同じ手順で準備をして、さあカメラを挿入。
て所で、先生が登場しました。

へっ、て思っていると「この目で、早く見ときたから。
おい、このカメラいつもより太くないか?」とおっしゃいました。

えっっっえ、太いってどういう事

胃カメラ担当の先生が「新しいカメラは映像の写りが悪いので
前の古いのをチョッと使ってるんですよ。」とさらりと。

みると、本当に太い太い。恐怖度Maxです
すりこ木を喉に入れられてる様で窒息しそう〜。

モニターを見て先生が「思ったより大きくて、深そうだ。」と。

慌てて私も見ると、そこには本当に噴火口の形をした腫瘍が。
余りの大きさに、すりこ木の事は忘れてしまってたくらい。

そこで、何箇所か細胞検診の為に細胞をとりました。

「かなりの確立で癌と判断するけど、細胞診で決定します。」
といわれたけど素人目に見ても癌と分かりました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
胃がん
胃がんの約半数は、痛みや胃の不快感など、何らかの症状がきっかけで発見されています。しかし、残りの人には特に自覚症状はありません。ですから、胃がんを早期に発見するためには、症状の有無に関わらず、1年に1度は、胃の検査を受けることが大切です。... ...続きを見る
胃がん
2007/01/29 17:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
再び胃カメラ 胃がん経験者 胃が1/3しかありません/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる