胃がん経験者 胃が1/3しかありません

アクセスカウンタ

zoom RSS 手術六日目

<<   作成日時 : 2007/02/11 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝の回診で先生が、
「朝胃透視して問題なかったら昼ご飯食べて良いよ。」と。

「えっ、バリュゥム飲んで胃から漏れません?」
またしても、失礼なぁ、全然懲りてません

「漏れてないか調べる為に胃透視するんだよ。
まぁ、綺麗に繋げたから大丈夫

本当、優しい先生です。
後で、向かいのベットのおばちゃん情報ですが先生は
消化器専門の有名な先生で、遠くからも先生を頼って
来られる方がいるそうです。

そんな立派な先生に何度も漏れませんかぁ?
なんて聞くなんて・・・
でも怖がりの私には、肩書きなんかよりも恐怖心をおさえる
方が勝って後で、しつこくもう一度聞いてしまいました。

胃透視でバリウムを飲むのに困りました。
技師の人にせかされ、やけくそになって一気に。

結果は、OKでお昼から食事がでる事に。

先生が「胃と腸の繋ぎ目を少し狭くして繋いどいたよ。
一気に腸に流れ込まない様にね。」と。

さすが先生〜(調子いい奴です

食事前に注意が。
くれぐれも一気に食べないように。
一口30回かんでから食べる事。
胃酸はほとんど出ないので、唾液で消化しないと腸での
吸収が悪くなる事。
30分かけて食べる事。
等色々教えてもらいました。

昼食に。

はぁっあ こ・れ・だ・け

葛湯と野菜のペースト状の物。
スプーンに5杯くらいが入ってるだけ。
まあ、いきなりお肉とかだともっとビックリするれど・・・

お水、バリュウムを摂ったので口に入れる事には抵抗が
無かったのですが、これを30分かけてどうやって
食べるのかぁ。

まず、一口葛湯を。
噛んでもすぐなくなって、喉に入ってしまいそうになります。
堪えて堪えて、30回噛み、やっとゴックン。
食べ終わるのになんと40分もかかってしまいました。

愕然としました。
これからの私の人生、ずっーとこの調子で食事を摂らなければ
いけないのかあ。
こんな風に食べる食事なんて、ただ栄養を摂取しているだけ。

手術が上手くいった喜びも、病気に打ち勝とうという気持ちも
どっかに飛んでいってしまいました。

母が、お見舞いに来てくれてたのですが落ち込んだまま。
そこへ、またまた婦長さんが様子を見に来てくれました。

「ちゃんと食べれたみたいねぇ。頑張ってるわ。」
と優しい言葉をかけてくれました。

思わず、その言葉に泣いてしまいました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
手術六日目 胃がん経験者 胃が1/3しかありません/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる