胃がん経験者 胃が1/3しかありません

アクセスカウンタ

zoom RSS 闘病生活 B

<<   作成日時 : 2007/02/22 12:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2クール目の抗癌剤の日。

前日に血液検査で白血球の数を確認。
なんとか正常範囲なのでする事になりました。

先生がリラックスできる様に色々話ししながら注射を
するけど、全く持って余裕がないので無視です。
先生すいません〜。

この注射が体に入る事でまたあの吐き気や倦怠感に襲われる
と思ったら心が怖くて振るえました。

癌細胞をやっつける為と分かっていてもこの薬が毒の用に
思えて、なんだか打ちのめされた様な気になりました。

術前は、必ず元気になってまた前の生活に戻れると気力満々
だったのですが、残り3週間の事を考えると苦しくなりました。

前は、突然吐き気がバアーンと来た感じでしたが、今回は注射
をしたその晩くらいにじわじわと吐き気がやってきました。

そこからは、前と同じ状態です。
吐き気と下痢、倦怠感。
ひたすら症状がおさまるのを待つしかありません。

全く食べれず、24時間点滴で血管が固くなり皮膚の上から
触っても分かるくらいゴリゴリして痛い。

この時は食べようとか食べなければ、とかいう気持ちは全く無く
この状態で食べるなんてありえない、て感じ。

入院しているおじさんに「君は、いっつも点滴しているね。」
とか「凄い速さで点滴押せるね。」とからかわれていました。

でも、笑顔で返せません。
きっと、気持ちを軽くしてあげようと、気にかけてくれてたと思い
ますが気持ちに余裕がありませんでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
子宮癌が増加の一途
癌は予防できる!その方法とは・・・ ...続きを見る
癌 相談室
2007/03/25 16:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「がんに効く遠赤外線療法への確信」医学博士 横山正義著(かんき出版)の紹介。
 全身遠赤外線温浴法の特にすぐれた点 
  末期ガン特有の激しい痛みをやわらげる。
  延命効果がより高い。
  ガン細胞が縮小または消失する。
  患者の体への負担が軽く安全。
  ガン細胞は、熱にきわめて弱い!
 (体温が35.5度で約60%の免疫力、36.0度〜37.0度で100%の免疫力)
 これで温浴を繰り返し、低体温解消、体の芯まで温めて、体内毒素排泄、免疫力・自然治癒力が回復し、ガン細胞が消失した事例が多数報告されています。

 「新・遠赤外線と医療革命」医学博士 東 善彦著(冬青社)
 全身遠赤外線温浴法!
関心があれば、メールで詳しくお伝えします。
   k.planing@do8.enjoy.ne,jp
太陽
2007/02/22 18:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
闘病生活 B 胃がん経験者 胃が1/3しかありません/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる