アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「手術当日」のブログ記事

みんなの「手術当日」ブログ


手術当日の夜

2007/02/03 14:01
目が覚めると、やはり体が重くてボーッとした感じ。

酸素マスクをつけられ、喉にも管が。

今、どんな状態か全然分かりません。

突然、吐き気が起こってきました。
血圧を測っている看護師さんに、その事を言うと
うがいをしましょうと言われました。

けして、飲み込まない様にと注意され、寝たまま
口をゆすぐと、少しおさまりました。

でも、すぐ吐き気がやって来て何度も何度も口をゆすぎました。

酸素マスクをしているのがしんどくて、取って
もらった時、鼻から管が出ているのが分かりました。

胃を切ったので、そこから出る血を出す為の管を鼻から
入れてる事が。

この管がしんどくて息もしにくいし、早く取ってほしいと
言うと、出血も止まっているので抜くことに。

看護師さんが、するすると抜いたのですが
もう、痛い事痛い事。

その時、ふとお腹の傷が全然痛くない事に気がつきました。

なんとなく、お腹のあたりが熱い感じですが痛みとしては
感じません。

背中からの麻酔が効いているようです。

手術後、興奮しているのか全然寝れないまま
朦朧と過しました。

ふと、壁を見るとシミがついていました。
そのシミをジーッと見てると、じわじわ動き始めました。

目をそらして、又ジーッと見ていると動きだします。
怖っ
麻酔が切れ掛かっているので幻覚を見ているのか、
怖くて、側にいる母に声を掛けたら寝てました

寝るしかないと、目をつぶっていたら寝れました。

起きると、外が明るくなっていて、
はぁー、一つクリアー出来た。
まだまだ、この頃は元気になれるーと希望一杯でした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手術当日

2007/02/02 13:27
昨日からの絶食と、下剤、浣腸。
朝、8時30分から開始の手術に主人と私の母が来てくれました。

主人の母は、朝から近くの神社で御祈祷をしてもらいに
行ってると聞かされ皆の愛を感じつつ、不思議と恐怖心は
ありませんでした。

もう、まな板の上の鯉ってな感じかなぁ。
早く手術して、癌を切除して今の状態(癌患者)の状態から
開放されたかった様に思います。

その時は、二週間で退院できると信じていたし・・・

なぜか、40%に入れると思っていたし・・・

とにかく恐怖で取り乱す事なく、冷静に手術室に向かえました。

ストレッチャーに乗せられて手術室へ。
硬膜外麻酔の為麻酔科の先生が背中に針を刺してくれました。

でも背中を丸めてその背中に刺すので、先生の指が
背骨にあたって、こそばくて、こそばくて堪えていると
「ごめんね、痛いんだね、ごめんごめん。」
と何度も謝っておられました。

まさか、こそばくて笑いを堪えてるなんて言えなくて有りがたく
先生のお言葉を頂いときました

そして、酸素マスクみたいなのをかがされ
「ゆっくり吸って、数を数えてください、はい、いち、にい、さ・・・。」

三のさの時にもう意識は無くなってました。
数を数えている時チラッと手術台が見えて、ドキッとしました。

気が付くと、私を呼ぶ声が・・・

返事をしたくても出来ません。

目も開けれません。

看護士さんが、もっと呼びかけて、と言ってるのが
聞こえるのですが声が出ないのです。
全身が重くて、自分の体の感覚が無いって感じ。

そこに、先生の声が
「手術成功したよ。」と
胃を切除できたんだぁ。ちゃんと、治療できたんだぁ、
と嬉しく思うと、顔が笑えました。
顔の筋肉は動いたようです。

その時母が「私達がいくら呼んでも応えないのに先生
の時だけ反応する。」って言うのを聞いて
思わずふきだしそうになりました。

最悪の場合、開腹してもそのまま閉めてしまう、
と言われてたのでホットしたとたん、又眠りに落ちて行きました。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「手術当日」ブログ

胃がん経験者 胃が1/3しかありません 手術当日のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる