胃がん経験者 胃が1/3しかありません

アクセスカウンタ

zoom RSS 胃カメラ

<<   作成日時 : 2007/01/23 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

土曜日、胃カメラをするのに主人と行きました。

まず、喉の麻酔としてどろ〜とした液体を喉の奥で五分間
止めといてくださいと看護士さんに言われました。

最初は、楽ちんと思っていたのが、段々喉が痺れてきて
感覚がおかしくなってきました。

これ、飲み込んだらどうなるんだろう、とあせってきた時
「ここに、吐き出して」と。

肩に、胃の動きを止める注射をして診察台の上に。
つばを飲み込まない様にと、注意をうけ、仕上げに
先生がシュッとスプレーをしていざカメラに。

長〜いコードの先に、光るライト(カメラ)
先が、くねくね曲がってるのを見て怖さマックス

マウスピースを口咥え、いざ挿入。
恐怖と苦しさで凄く長い時間に思えました。

余裕が無く、主人の存在を全く忘れていた私。
先生が、主人に画面をみて説明している声でやっときずきました。

後で聞いたのですが、写し出される画像を見て、余りにも
癌が大きくてもうダメだと思ったそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
胃カメラ 胃がん経験者 胃が1/3しかありません/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる