胃がん経験者 胃が1/3しかありません

アクセスカウンタ

zoom RSS 闘病生活 A

<<   作成日時 : 2007/02/20 12:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

吐き気が大分おさまり、少し余裕が出てきました。
テレビを見たり音楽を聴いたりできます。

でも、食事の方はてんでダメで相変わらず殆んど食べれません。

口当たりの良い物でもと思いますが、売店まで買いに行く気にも
なれず・・・

母に何か買ってきてもらおうと思っても、子供達の面倒で結構
忙しく、主人も仕事で時間がとれずでなかなかお見舞いに来て
もらえません。

近所の人や友達にはナイショで入院したので殆んど
一人で過しました。

私の病気を知っているのは家族と親兄弟だけ。

周りの人には、カミングアウトしていません。

子供が小学生だったせいもあるのかもしれないけど、母親が
病気、まして癌という事が分かると好奇の目や同情心で子供に
接してほしくなかったからです。

現に入院している時、私の姿が見えないのでそんなに
親しく無い近所の人が子供達に色々詮索していたそうです。

先生が、回診の時「白血球の数が凄く減っているので
増やす注射をしましょう。凄く痛いけどね。」と。

看護師さんが小さい注射を持ってきました。
なんだ、余裕だぁ〜と思っていたら、腕に直角に注射を
突き刺し注入。
液が入っていく時が凄く痛くて涙か出そう。

2クール目をする時に白血球の数が元に戻らないと
抗癌剤が出来ないそうです。

えっっえ、そんなの入院が又伸びる

どうしたら白血球の数が増えるのかぁ、そうだ栄養をつけて
体力増進しなければぁ、と頑張ってご飯を食べる事に努力
しました。

まだ、この時は少し食べれてました。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
闘病生活 A 胃がん経験者 胃が1/3しかありません/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる